ダイエットに付き物なものといえば、停滞期です。
自分の中では頑張って身体を動かしているつもりでも、食事を制限して、カロリー過多にならないようにしているけれど、変化がない。

こういった時には、八方塞がりになってしまい、選択したダイエット方法に疑念を感じてしまったり、ダイエットそのものがバカバカしいと思えてしまうものです。
しかしながら、この停滞的を乗り越えることで、輝かしい未来が待っていることを忘れてはいけません。

自分で解決策が見つからないなら

まずあなたは特別な教育などを受け、ダイエットというものを把握している専門家ではないということを認識しましょう。
何かをなし得ようとする時、そこにトラブルや予期せぬ事態が訪れるのは当然なのです。

書籍やネットなどに書いている通りにしているのにというのは、あなたがプロになったと傲慢になっている証拠です。
たかだか停滞期に突入して、ダメだと思っているレベルなのですから、素人なのです。
ですから、停滞期に入り、どうしようもなくなったのであれば、プロに相談してみましょう。

それが何気にあなたの見えていない所を指摘してくれる可能性も高いのです。

ホルモンをチェックする

相談して解決策を実行してみても、停滞期から抜け出せないという場合には、本当に最終手段として、ホルモンチェックをしてみましょう。
ホルモンバランスが崩れてしまっていると、甲状腺の疾患や、多能胞性卵巣症候群といった脂肪と蓄えやすくなるという疾患に掛かっている可能性も少なくありませんよ。

Comments are closed.