ダイエットに体重変動などが全く起こらない停滞期があるということはご存知でしょうか。
停滞期と上手に付き合っていくことが出来ないと、大抵の場合には、リバウンドを迎えて失敗することになるのです。

この停滞期と向き合うことこそがダイエットの成功の成否を左右する大きな問題なのです。
しかしながら、この停滞的の時期にダイエットを辞めてしまう方の多い事多いこと。

ここでは停滞期の上手な乗り越え方について紹介をしていきましょう。

食事の記録をつけること

もしもダイエットをしているのに、摂取した食べ物を何かしらの形にして残していないのであれば、それを記述したり、スマホなどのメモ機能などを使って、まとめておくべきなのです。

朝の何時に何を食べた。
その何時間後の何時に何を食べたのか。
夜は飲み会に参加をして、何をどのくらい食べて、飲んだのか。

こういったことを記録しておくと、自分がどのような食生活をしていて、どれだけカロリー過多になっているのかを把握することが出来るのです。

カロリー計算などをする必要はない

細かなカロリー計算をしたり、運動をして消費したカロリーなどを計算出来れば越したことはないですが、これは大変な作業ですよね。

例えば記録をするにしてもグラフ調にして、脂や糖質などは赤なんてことをしたり、逆に野菜などの低カロリーなものや特定の栄養素が含まれているものには色分けするなどをすれば、どういったものが摂り過ぎで、逆に足りていないのかを把握することが出来るのです。

ダイエットって何気に過酷なものなんです。
その要因の一つが停滞期というものです。
体重の数値や、肉体的な見た目の変化がどうしても訪れない。
こういった時期には、それなりの対処方法を取っていく必要があるのです。

トレーニングは慣れてしまう

例えば、筋トレはダイエットには効果的だとされています。
筋力アップをすれば、基礎代謝も向上して、脂肪を燃焼してくれますからね。

しかしながらトレーニングの最初の内は、例えば5kgのダンベルを上げる運動がきつくても、しばらくすると楽勝でこなせるようになるのです。

回数も増やさず、重量も変化させないとなると、停滞的に陥ってしまうことは当然に考えられるのです。
一般的にダイエット効果があるとされている運動強度は、0から10段階で7レベル以上とされています。

筋力がつき、慣れてしまって運動強度が7以下のことを行っていても、停滞期の時期に拍車をかけて、効果がかなり低くなってしまうわけです。

だからこそ、運動強度を上げる作業を行っていきましょう。

食事のテーマを変化させる

カロリーや脂成分が低い野菜などをチョイスして、それだけしか口にしないということで停滞期になってしまった場合には、非常に辛いものですよね。

こういった場合には食事のテーマを変更してみましょう。
例えば揚げ物はダメでも、ステーキやグリルといった調理方法なら大丈夫といった具合です。
また肉よりも魚にしてみるといったテーマ変更によって、改善が期待出来ます。